慌ただしい日々を送る人ほど、超絶丁寧に「ご飯を炊く」ススメ

ナーリッシュ

03-3944-8300

〒170-0003 東京都豊島区駒込1-37-8 コーポ市川2F

営業時間:ランチ:11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー:18:00~22:30(L.O.21:30)
水曜定休

lv

慌ただしい日々を送る人ほど、超絶丁寧に「ご飯を炊く」ススメ

オーナー料理長あっちゃまんのブログ

2017/07/01 慌ただしい日々を送る人ほど、超絶丁寧に「ご飯を炊く」ススメ

ナーリッシュ、リニューアル後1か月。
ひと段落、はしたものの、
細々としたドタバタは、にぎやかに続いております(^^)/

ドタバタするときほど、「しん・・・」と心静かになる瞬間を作る。
いつも意識しています。

それが例え数秒でも、その後がぜんっぜん違う!

という事で、ご飯を食べるのも忘れそうなほど、
やることが溢れかえってドタバタしていた数日前、

超絶丁寧に、ご飯を炊きました。

そのご飯のうめぇことうめぇこと。
全細胞に染みわたるウマさです。
果てしなく力みなぎります!

 

(※一番最後に、ご参考までに、

あっちゃまん流超絶丁寧ごはんの炊き方をご紹介します)

 

現代は時間の流れが異常に早く感じるくらい

色んなことが慌ただしい。

そんなときほど大切にしたいのが、
元気でいられる食事。

最近はSNSでお料理頑張った投稿がとても多く、
食のプロでなくてもものすごいご馳走をUPしているのを見ると、

「私こんなに凄い料理作れない・・・」とか
「凄いなぁ・・・こんな品数用意できてない私はダメな主婦・・・」
とか、地味にジワジワ自分にダメ出ししたりしてませんか!?(笑)

今でいう、「フォトジェニック」なお料理を頻繁に作っている方は、

ある意味

 

「変態」

 

と認識しましょう(笑)

少なくとも私の中では 変態 です。

素適な変態
ですけどね♪

むりむり!!!

余裕で無理!(笑)

頑張り過ぎは自滅の元!

元気になるための食事で消耗してどーする!

ということで、世間の台所に立つ皆々様が
激しく共感するであろう、
土井善晴さんのこちらの本。
一汁一菜でよいという提案
img_3983

 

あっちゃまんも昔からことあるごとに提案していたこと。

毎日のご飯は、ご飯と具だくさん味噌汁だけでいーよ!って。

ただ、それだって、雑な心で作っちゃちょっと台無しだなって思います。

手抜きなのに心身共に元気になる充実した食事の最大の秘訣は、

1.食材にこだわる
2.品数を減らして、そのぶん

作る過程を超絶丁寧にする

たったこの二つだけで、

毎日味噌汁とごはんだけでいーんです!
品数あればいいってもんじゃない。

これは、超絶いいものをセレクトして毎日食べてきた私が、
心や肉体を無理させて病気になったことで証明しています(笑)

いやいや、栄養素足りなくなるでしょ、とか、思った方こそ、

ほんと、嘘だと思ったら試してみて下さい。

あれこれ作る余裕がある時だけ、プラスアルファを楽しめばいい。

食材に本当にしっかりこだわったら、

それらがどれだけ私たちの命の源として
パワフルであるのか、

 

ご飯と味噌汁だけにすることで、

確実に体感できます。

・ご飯を炊く

・具だくさん味噌汁を作る

たったこの二つだからこそ、
お米をとぐ、野菜を切る、という工程に、丁寧に向き合える余裕が持てます。

さらに究極に慌ただしい時は!

味噌汁までさらにシンプルに!

とろろ昆布、ふのり、もみのり、お麩、切干大根、おかかなどの
お湯に入れればすぐに食べられる乾物と天然菌のお味噌を入れて
お湯を注ぐだけでオッケ!
その時も、「手抜きしちゃった罪悪感」なんて絶対持っちゃダメ。
どの組み合わせが好みなのか、楽しむのです♪
「楽しむ」ことも元気の源の食事に重要なスパイスです。

最後に、ご参考までに、あっちゃまんの超絶丁寧なご飯の炊き方

ご紹介します

 

・お米を精米機で精米(自宅では5分づきにしています)

・30分~1時間程落ち着かせてから、

とってもおいしいお水「回帰水」で

両手ですり合わせるように、優しく研ぐ。

おてんとさま、農家さん、流通の人、

目の前にお米がやってきたプロセスで関わってくれた人々を

思い浮かべながら、お米さんにも色々話しかけながら、というのもポイントとして。

・浸水時間は30分以上。「浸水」とはいっても、水に浸しておかず、

ザルに上げてお米についているお水だけで浸水する。

・とっておきのお鍋にお米と水と、一つまみの天日塩を入れる。

あっちゃまんのお鍋は、通称「金鍋」と呼んでいる、

柴野キッチンさんのお鍋です。もう手放せないくらい大好きです。

気になる方はご紹介します(^^)/
土鍋でもいいし、厚手の、熱伝導の良いものが良いですね。

・グラグラしたら10分弱火、10秒強火で火を止めて10分蒸らす。

・炊き上がったらすぐにふっくら混ぜっかえして、炊飯器の保温機能を使って保温しておく。

 

超絶丁寧に炊くと、翌々日まで、異常なほど(笑)美味しく食べられます。

土井さんの本で、浸水について書かれてあることを参考にしたのですが、

ずっと水に浸して浸水するのと、ザルに上げて浸水するのとでびっくりするほど違いました。

呼吸しながら水を含むから、なのかな~。

細々書いたので工程が長い感じがしますが、全然シンプルです。

一つ一つの動作を丁寧にしてみると、その時間の中で、

心が豊かになっていくのを感じます。

 

是非是非、おためしあれ~

TOP